プロフィール

はじめにお読みください

はじめにお読みください

半崎美子 プロフィール

半崎美子 北海道札幌出身。
大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京、パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続ける。
独特の泣いているような声を持ち、毎日を懸命に生きる人々を、自分自身と向き合う心を、誰もが胸の奥にしまってある大切な気持ちを、全身から絞り出すように歌う。
圧倒的なライブパフォーマンスと、人一倍の行動力により、ライブのみの活動で全国にファンを増やし続け、これまでどこにも所属する事なく、個人で赤坂BLITZの単独公演を2年連続大成功させる。
全国インストアツアーで、ショッピングモールなどのフリーライブで出会った家族や子供連れのファンも多く、とくに札幌の両親への想いを歌にした「永遠の絆」や、ショッピングモールで出会った家族からの手紙をきっかけに作った「明日へ向かう人」は、歌うと会場のどこかで必ず涙を流す人がいる。

今年、5/11発売の5曲入りのニューシングル「降り積もる刻」に収録されている「ふたりの砂時計」が 読売テレビ・日本テレビ系「カミングアウトバラエティ!秘密のケンミンSHOW」エンディングテーマ曲に起用!
5月からスタートした全国インストアツアー後は、ツアーファイナルとして、10/14に赤坂BLITZで公演が今年も決定している。

2007年、手作りの「ナンバリングCD」をライブ会場限定で販売し、3ヶ月で1000枚を完売させ、1stミニアルバム「ギフト」を全国発売。 その後、2nd、3rdと、ミニアルバムを次々発売。

2010年8月、渋谷DUO -Music Exchange-、9月、札幌時計台ホールにて、3rdミニアルバム発売記念ワンマンライブを開催。

2011年5月、東日本大震災後に感じた思いを綴った自作曲を、ニッポン放送の「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」で生演奏し、番組放送中に鶴瓶さんがタイトルをつけてくれた「希望の桜」へ多数のリスナーからメッセージが寄せられ、急遽シングル化。12月、めぐろパーシモンホールにて初のホールライブ「半崎美子 WinterLive2011ー希ー」を開催。

2012年8月、初の舞台『不思議の国のアリス~冒険者たちの歌~』にて、主演、そして劇中歌全曲の作曲を努める。
9月、マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャーにて単独公演を開催。

2013年3月、HMV限定シングル「希望の桜」を発売し、全国のHMVインストアライブツアーを行う。毎週木曜日、スカイツリーにてジェイコム×スペースシャワーTVおすすめアーティストとして、スペシャルライブを開催。12月にはスカイツリースカイアリーナにて、一青窈、平原綾香、などと共に25日間連続 Xmas countdown liveに3日間出演。

2014年2月、ニューシングル「ただいまの約束」を発売。
初日は札幌を皮切りに、全国インストアライブツアーを敢行。ツアーファイナルは5/18に、東京赤坂BLITZにて開催。大成功を収める。
7月、札幌CITY JAZZ ミュージックテントに出演。
11月、アリゾナ州、セドナにて開催された、GAKU-MC presents アカリトライブ「akali to live」に出演。

2015年3月、ニューアルバム「明日へ向かう人」を発売。
表題曲の「明日へ向かう人」がテレビ朝日の番組、加山雄三「若大将のゆうゆう散歩」のエンディングテーマ曲に起用される。
ミュージックビデオに、Mr.Childrenなどの映像を手がける映像作家、半崎信朗氏を迎え、心打つオオサンショウウオのアニメーションのMVが評判を呼ぶ。
3月末からラゾーナ川崎を皮切りに、北海道から沖縄まで、「明日へ向かう人」発売記念 全国インストアツアーを行い、東名阪ツアーの単独公演も開催。
ツアーファイナルは10/23に再び東京赤坂BLITZにて開催し大成功に終わる。

2016年2月、赤坂BLITZ DVD発売記念関東イオンモールツアーを行う。
5月、ニューシングル「降り積もる刻」を発売。
「降り積もる刻」に収録されている「ふたりの砂時計」が、 読売テレビ・日本テ レビ系「カミングアウトバラエティ!秘密のケンミンSHOW」エンディングテーマ曲に決定。
タワーレコード新宿店にて、ニューシングル「降り積もる刻」の発売を記念した半崎美子のパネル展が開催される。
東京スカイツリーでの発売記念ライブを皮切りに全国インストアツアーを行う。
6月、山野楽器全店でニューシングル「降り積もる刻」が推薦盤として視聴機展開がスタート。

このページのトップへ